※記事内に広告が含まれています。

【指名候補者とNGリストが流出】ジャニーズ事務所の会見が八百長会見と言われる訳

ジャニーズ事務所が10/2に行った会見では、社名が変更される事が発表され、今後の動きにも注目が集まるなか、この会見は八百長だと言われています。

その理由として

・指名候補者名簿があった
・指名NGリストがあった

この2つが挙げられています。

指名候補者にはどんな人があがって、NGリストにはどんな人がいたのかをまとめました。

会見が八百長と発覚した理由

10/2の会見は八百長会見だと言われている理由が、指名NGリストの存在です。


この八百長疑惑はNHKが最初に報道したようです。
こういったニュースは週刊誌がいち早く取り上げていたイメージですが
今回はまさかのNHKでした。

【写真】実際のNGリスト

↑↑入場してきた方が手に持っていたものです。

↑↑10/5にフライデーが公開したNGリストです。

記者会見で設けられたルール

10月2日のジャニーズ事務所の記者会見のルールは以下の通りでした。

・一問一答形式
・質問者は司会者が指名
・会見時間は2時間
・一記者一質問

ジャニーズ事務所のコンサルが進行を担当していました。
そのコンサルが「特定の記者の名前や顔写真がのった指名NGリストを持参。

このときコンサルをしていたのはFTIコンサルティング社です。

ジャニーズ事務所は関与を一切否定していましたが、

FTIコンサルティング社はこのことについて、会見の進め方についてはジャニーズ事務所と調整を行っていたことを明らかにしたそうです。

関係者の中に告発者がいた?

マスコミの間では、会見前から八百長会見を示唆するメールが出回っていたようです。
こちらについては東スポWEBが記事を出しています。

メールには冒頭「私は、9/7と10/2のジャニーズ事務所の会見の運営を担当したものの1人です」と名乗った上で「会見運営をジャニーズのやりたい方向性で進めるべく10/2の会見では、ジャニーズ主導で質疑応答で指名する記者と指名を絶対しない記者を決めておりました」と記されてあった。

 リストは当日の朝に運営メンバーに配布され、NG記者の着席場所を司会と共有。「ジャニーズ事務所に不利益が最小限で済むように会見を進行しておりました」という。メールには座席表や質問の順番に関する運営マニュアルなどの画像も添付されてあった。

引用:東スポWEB

同事務所によると「会見前々日の会議で、本件について打ち合わせが行われた際、(PR会社が)媒体リストを持ってこられて、そこにNGと書いてあったので井ノ原(快彦)が『これどういう意味ですか?絶対当てないとダメですよ』と言いました」。するとPR会社は「では前半ではなく後半で当てるようにします」と答えたという。その上で「弊社の関係者は誰も関与していない」と断言し、「誰か特定の人を当てないで欲しいなどと言う失礼なお願いはしない」とした。現在、PR会社に謝罪を要求しているという。

引用:東スポWEB


報道に対し、ジャニーズ事務所は関与を否定していますが、
マスコミも不信感を持ってしまった上に、もう一度、会見を行う必要性がでてきたのでは?という声も多く出ています。

NGリストにあがっていた人物は?

ここからは、その『NGリスト』に上がっていた人物をまとめていきます。
全部で6名の方がリストに名前が上がっています。

松谷創一郎さん

職業ジャーナリストで、9月7日の会見で鋭い質問をしていたうちの一人です。

鈴木エイトさん

この方もジャーナリストのようです。
鈴木氏はこの報道については以下のようにコメントをしています。

「手強い相手だと思われたのであれば光栄なこと」とコメント。一方で、「前回の会見で厳しい質問したわけじゃないですよね」と出演者から問われると「そうですね。長ったらしく話したわけでもないし、人権を侵害するような話をしたわけではない。ちょっと見当がつかない」と話した。

サンデージャポン内コメント

尾形聡彦さん

『朝日新聞』の元記者でニュースサイト『Arc Times』の編集長さんです。

司会者の元NHKアナウンサー松本和也氏と目が合いましたが、指名されません。『これは当てられないな』と感じ、指名を待たずに声を上げざるを得ませんでした。
「ジャニーズ会見で、指名“NG”リストのNHK報道の特ダネ。やはり、私たちを指さない八百長会見でした」と吐露。「引き続き、説明責任を強く要求していきます。ジャニーズには会見のやり直しを求めます」と、会見のやり直しを求めた。

Yahooニュース

望月衣塑子さん

現在はジャーナリストととして活動されています。

望月さんに関してはNGリスト入りされてもおかしくないと言った声もあります。

前回の会見でも望月氏は、ほとんどの社が守っていた1社2問のルールを無視して10分以上も質問。セカンドレイプと批判を受けるような質問や「テレ朝は今日も中継しておりません」といった事実誤認の発言まで繰り出し、場を乱した“前科”があった。 「決して、ジャニーズ側を擁護するわけではありませんが、彼女についてはNGリストに入れられたのも仕方なかったと思います」

Yahooニュース内より

本間龍さん

元博報堂の社員で現在はノンフィクション作家として活動されています。

この方も1回目の会見時に鋭い質問をしていた方のようです。

ジャニーズ事務所に会見のやり直しを求めているようです。

佐藤章さん

この方もジャーナリストです。
NGリストに名前は上がっているものの、当てられたという声もあります。

指名候補の記者リスト

NGリストとは対照的に、指名候補者リストもありました。

・『読売新聞東京本社』のT記者
・『日本経済新聞社』のS記者
・『日経ビジネス』のO記者
・『東洋経済新報社』のY記者
・『ロイター通信』のS記者
・『ニューヨークタイムズ』のU記者とM記者
・TBSの藤森祥平アナウンサー
・芸能リポーター・駒井千佳子さん

以上8名が指名候補者リストにあがっていました。

会見の質疑応答時、質問者一覧

10月2日の会見で質問できた方々は以下にまとめられています。

まとめ

ここまで、八百長会見についてまとめてきました。

・NGリストは存在し、6名上がっていた。
・指名候補者リストも存在し、8名記載があった。

やり直しを求める声も当然の如く出ていることから、また何かありそうですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました